食品会社のトラブル

害虫駆除の今後の方向性

食品会社においては、不潔な害虫が混入していた場合、その日の出荷製品をすべて回収などという措置が取られる場合があります。これは、そういう害虫が混入するような環境で製造していることに対しての警告であり、その後の製造にも大きく影響してきます。取引先からの信用もなくなり、窮地に追い込まれる可能性があります。このような情報は、すぐに拡散し、しばらくは記憶にとどまってしまいます。こういった自体に陥らないように、害虫駆除は徹底しておく必要があるのです。入ってからでは遅いため、未然防止体制をどこまで確立できるかがポイントになっています。そういった意味で害虫駆除業者の取組も未然防止に方向性を移していっており、いかに虫を発生させないか、にポイントを絞っています。

業者と協力して対策を

こういった害虫駆除の取組をしていくときに、注意したいことは、すべてを害虫駆除業者に任せっきりにしないということです。害虫駆除業者の仕事内容は、捕虫機器を設置して、そこで捕まった昆虫に合わせた対策を行うことが主な仕事内容です。そのため、虫が多ければそれなりの薬剤を使用して殺すことになります。しかし、これでは食品中に混入する虫のリスクを減らすことはできません。清掃不足で発生している場合はなおさらで、これは工場自体が進めていかなければ、害虫駆除業者ではどうしようもないことなのです。ですから、工場管理を徹底してこそ、害虫駆除業者の専門知識も生きてくるわけで、両社がしっかりと手を組んで進めていく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加